読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔いお年を

記憶にございません

深く、美しい青き水が生まれる柿田川公園(清水町)

f:id:mmmryo:20150906185006j:image

ただただただただ見つめちゃいます。水を。自分を。今を。明日を。何を?

と、だんだんと思考が膨らんで自我の境界線がなくなって、全部どーでもいんじゃねっかなと悟れるような。それが柿田川公園の湧き水です。

f:id:mmmryo:20150906193821j:image

富士山の麓。三島市三島駅は名水どころとして有名です。街中に流れる小川の数々と富士山の伏流水が生まれ出る湧水は見て麗しく、飲んで美味。楽寿園ルートにしろ白滝公園ルートにしろ、川の流れとともにほとりを歩いていると自分の精神に溜まった毒素が抜け落ちて清涼感オーラを身に纏えるような気持ちになってくるんですよね。

f:id:mmmryo:20150906190833j:image

でもその先。三島市の南側で海寄りのところに、柿田川公園という清流どころのラスボスが控えているのです...!

f:id:mmmryo:20150906191229j:image

大小合わせて70ほどの場所から湧き出る水は1日約100万トン! 水質もよく、特定の場所になりますが、湧き水をダイレクトに飲める池もあるほど!

f:id:mmmryo:20150906192110j:image

公園内は極力手を入れないようにしているようで、日本とは思えない原生林的世界が広がりますが、

f:id:mmmryo:20150906191750j:image

実は遊歩道が整備されており、サンダルでも各所の湧き水を見て回れますよ。

f:id:mmmryo:20150906192333j:image

傾斜がついた場所から、とめどなく滲み出てくる、水、水、水。

f:id:mmmryo:20150906192415j:image

ここは、常に川が生まれている場なんですよ。

f:id:mmmryo:20150906192257j:image

過去には製紙工場があり、工業廃水が川を、そして駿河湾を汚していたとのこと。その名残が井戸跡から伺えますが、現在は澄み切った水が湧き出て、短いながらも美しい水系を作っています。

f:id:mmmryo:20150906193535j:image

特に第二展望台から見られる、青い湧き水には圧倒されること間違いありません。僕はここが、世界で最も美しい湧き水だと信じて疑っていません。

ノイズだらけの毎日にお疲れのみなさま。新幹線を使えば東京から1時間ちょい行ける水の聖地に行って、癒されてみませんか。目とココロコリほぐしにいきませんか。