読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔いお年を

記憶にございません

卯年は続く(アル添)

兎年と書くべきか。

一昨年の年末、友人に連れられて会員制兎居酒屋ことエスカイヤクラブに行く。元カノが働いていたこともあり、唯一気になっていたバニーガールクラブだった。

お代は飲み放題3時間つきのコースで5000円。見目麗しいバニーさんに給仕してもらって、このプライス。料理もちゃんとうまい。ゆったりとしたラウンジは居心地最高。えっ。50周年記念で入会金タダですって?

とはいえ1ヶ月6000円の会費はバカにならない。今日という日の思い出を抱いて生きていこうと考えたが、バニーさんと一緒になって友人たちが勧誘しまくり。てかバニーさんより詳しいじゃねえか、あんたたち。

「武者はカクが違うって言われるよ!」カク。角瓶くらいしか知んないよ。赤提灯専門ですからと言って(この辺りから記憶にございません)なんか入会していた。あ、申込書書くとき、ボールペンをムネから出してた気がする。すげえ。

で、昨年は7-8回ほど行ってみた。夜のコワーキングスペースとして仕事しながら揚げ銀杏つまんだり、新規のお客様との打ち合わせで使って「そのお値段だとできかねましてー」と言ったり、ライター仲間の女子とのデートに使ったり。さすがにデートだと15kくらいいくけど、喜んでくれるからよきかなよきかな。

会員費を払っていることもあるけど、シーズンごとにやってくる5000円飲み放題イベントやワイン&焼酎のボトルサービス、誕生月のディナーチケットなどがいただけるし、通常のメニューも決して高くない。それにボトルは、それを入れた店だけではなく、他の地域の店でも頼める。元カノいわくクラウドで残量を管理しており、会員カードをピッと通すとその量のウイスキーをボトルに入れてくれるシステムがあるのだそうな。新しい。生誕50年を超えた店だけど。

そうそう、10を超える店舗を持つ会員制クラブで、50年以上続いているってのもすごくない? 客単価2000-3000円か数万円の店じゃないと厳しいと言われる時代でも(店舗は減りつつも)残っているんだもの。この分野、全然詳しくないけど正直感服。

十分楽しんだ。入会記念にいただいた響のボトルはまだ残っているけど、もういいかな。そんな気持ちで、1年で脱会するつもりだった。でも気がついたらローストホースやクロッサムモリタといった、旨え店の会員になっている友達が多くなってた。いろいろお誘いしてくれる彼らに何か返せるとしたら。

ということで、今年も兎、続けます。リーズナブルなコースがイケるタイミングで、みんないこう。夕焼けと夜景が綺麗な西新宿店はコース適用外だけど。