読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔いお年を

記憶にございません

青魚の〆が美味い昼から居酒屋「アメリカン居酒屋海幸」(三島)

f:id:mmmryo:20150906134420j:image

1/fゆらぎを思わせる切り身の厚みの差が、またデリシャスで。

f:id:mmmryo:20150906140245j:image

いろいろカッときたので1人各駅停車の旅に。伊東にいくか沼津にいくか迷いながら、なんとなく三島で降りたら大アタリでした。

イートインスペースもある駅前市場を目指していたら、なんか気になる看板を発見。僕の目に狂いがなければ「アメリカン居酒屋」「昼から居酒屋」という文字が見えます。

f:id:mmmryo:20150906140702j:image

入り口は、こう。

f:id:mmmryo:20150906140728j:image

通路が、こう。一回Uターンした僕を責める人はいないはず。

しかし、男というのは粋に生きるもの。ここは面白そうだ、という直感を信じず何を信じればいいのでしょう。ダブルUターン。現地へと向かいます。

f:id:mmmryo:20150906141058j:image

ドアを開けてこんにちわ!

f:id:mmmryo:20150906141119j:image

そこにはバーというかパブというか、少なくとも刺身をプッシュしている日本料理系居酒屋とは違った世界が広がっていました。

マスターいわく「16年前からやってるんだけどね。ちょこっと綺麗にしたけど内装は当時の居抜きのままなんだよ。なんでかって? お金かかるじゃない」と至極納得のいく理由でこうなったそうな。

f:id:mmmryo:20150906141430j:image

「お客さんに『どこがアメリカン?』と聞かれるけど、ほらアメリカ人いるし」

...そ、そうきましたか。

f:id:mmmryo:20150906141756j:image

いただいたのは日本酒三点セット。越後や東北の酒も選べますが、ここは地酒をついでいただいて。左から三島小町、あらばしり(万大醸造)、富士錦寒造り。どれもスッキリとした口当たりで確固とした旨味を感じさせるものでしたねー。富士山の伏流水が作る味ということなのでしょう。

f:id:mmmryo:20150906143610j:image

刺身盛り合わせはマグロがドーンとくるもの。これも十分美味しいのですが、日本酒とがっちりとバロムクロスしていたのは1切れしかなかったシメサバ!

f:id:mmmryo:20150906143743j:image
f:id:mmmryo:20150906143749j:image

なのでシメサバとシメサンマを追加でいただきます。キュッ引き締まったうま味が!  ヒカリ☆モノさいこう! これはいいお味ですよ!

f:id:mmmryo:20150906144015j:image

11時オープンでお客がいれば23時くらいまで。いなければ18時にはシャッター下ろして近所の大衆居酒屋で飲んでいるというマスターですから、

f:id:mmmryo:20150906144157j:image

話している間にも飲む飲む。ああ、こういう好きという気持ちを練って固めたおじーちゃんになりてえなあ。

ごちそうさま!