読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酔いお年を

記憶にございません

お命、美味しく頂戴いたします「アクアマリンふくしま」(いわき)

f:id:mmmryo:20150228130931j:plain

カツオ、サンマ、サバ、イワシなどが水揚げされるいわきの小名浜には、美食なお店がいっぱいあります。1店でごっつり食べてもいいし、いわき市観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」 経由で食べ歩きしても幸せに。

でもちょっとだけ、お腹減らしておいてください。ふくしま海洋科学館こと「アクアマリンふくしま」には、釣り堀で釣ったばかりのギンザケを唐揚げにして平らげることができるのですから。

f:id:mmmryo:20150228131948j:plain

釣り竿のレンタル代は800円。そしてギンザケは1匹100円。釣ったギンザケは必ず食べなくてはいけない。自分が生きるために狩りをするという、命をいただくという行為を、

f:id:mmmryo:20150228132150j:plain

誤解を恐れずに書くならば、楽しみながら行えます。

でもこの経験、とても大事。釣りというホビーな行為ではありますが、海に、いのちへの感謝ゴコロが濃厚に浸透するんですよ。

f:id:mmmryo:20150228132415j:plain

釣ったギンザケはバケツに入れたままキッチンに直行。シェフに渡すとその場で調理がはじまります。

f:id:mmmryo:20150228132510j:plain

頭を落として三枚におろし、

f:id:mmmryo:20150228132541j:plain

卵と小麦粉(かな?)の衣をつけたら、

f:id:mmmryo:20150228133937j:plain

高温の油でジューッと揚げていきます。ジューシー!

f:id:mmmryo:20150228132600j:plain

調理待ちの列がなければ、釣ってものの3分くらいでギンザケ唐揚げのできあがり!

お味ですが、さっきまで元気よく泳いでいたヤツですもの。美味いとしかいいようがありません。堅めの衣をざくっと噛みしめると、なかからほっくほくの白身がこんにちわ! 

これはご飯もビールも進みます...と書きたいのですが、このコーナーでは米も酒も購入できません(ナマでも揚魚の持ち帰りもできません)。命の尊さを実感するためのコーナーであって、居酒屋ではないのですから。それに酔っ払った状態で施設を見学してもアタマに入ってこないでしょうし。「美味しかったなあ...」の気持ちを抱きつつ、外でもうひとご飯するのが正しい大人の在り方といえるでしょう。

駅前にいけばいい飲み屋、いっぱいありますし!

 

アクアマリンふくしま

入館料:一般1,600円/小~高校生 800円

通常期:3月21日~11月30日 9:00~17:30/12月1日~ 3月20日 9:00~17:00